日付 : 2005/01/29 照会 : 7429  
  【注文確認ページを参照されるお客様へ】  
                            お客様の【注文照会】が見れないという連絡が時々あります。
また、注文がされていないと思い、重複してご注文される方も
多く見受けられます。
その理由としては色々な原因があり得ますが、まずはクライアン
トのExplorerブラウザの設定状況により、【注文照会】が表示さ
れない場合がありますので、その内容をご説明申し上げます。

臨時ファイルがよく使えば、インターネットサーフィン速度を高
めてくれる良い機能でもありますが、時には逆の影響を与えてし
まう可能性もあります。

最近のパソコンは仕様が非常に良く出来ておりまして、当然にも
ハードディスク用量も非常に大きいです。
それでインターネットエクスプローラでは臨時ファイルの保存場
所の大きさを非常に大きく取っておきます。
(普通1000メガバイト以上に計れると思います)

もちろん臨時ファイルの保存場所の大きさが大きければ大きいほど、
多くの臨時ファイルを保存することができるので、もっと多いホーム
ページに対する情報を貯蔵して、多くのホームページを早い速度で立
ち上げることが出来るのです。
(もし臨時ファイル保存場所が一杯になるようになれば古くてあまり
行かないホームページの情報から破棄になります)

しかし、数多い臨時ファイルが保存されるようになれば返って
臨時ファイルを捜すのにかかる時間と保存空間の非効率性を発生さ
せます。
それで自分に必要な適当保存空間を設定する必要があります。
このような設定をExplorerのツール画面、又はExplorerのプロパティ
で行います。

Explorerツール>インターネット 
オプション>インターネット一時ファイル>
設定>保存しているページの新しいバージョンの確認>
ページを表示することに確認する→に設定

<保存しているページの新しいバージョンの確認>という部分は保存された
臨時ファイルと接続する所のホームページ情報をいつ比べるかどうかを
問って見るはずです。普通は<自動的に確認する>を選択すれば良いのですが
アップグレードが多いホームページによく接続するようでしたら
<ページを表示することに確認する>というオプションを選択して、
毎度接続する度にバージョン情報を比べるのが良いです。

誤ってご注文を重複された場合の運送料はお客様のご負担とさせていただきますので、
くれぐれもご注文の重複にはお気をつけください。

店長                            
 
 
次 : IDの変更について